【FX】2022年7月末自動売買(トラリピ)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

対円通貨ペア以外の売り取引がどうだったか?トラリピの収益結果を振り返っていこうと思います。

トラリピでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、投資資金として290万円(2022年7月末時点)を証券会社の口座に預け入れています。

7月15日から入金応援キャンペーンの開始が追い風となり、投資資金に10万円を追加しました。

運用条件について

最新の運用条件(2022年7月末時点)は以下の通りです。

通貨ペア 売買 値幅 取引数量[通貨]
豪ドルNZドル 2.0NZドル 4,000
2.9NZドル 1,000
ユーロンド   売 3.0ポンド   4,000

7月18日にユーロポンド売り取引を1,000通貨追加しました。

月間の成績

単月の成績(利益は約定日ベースかつスワップポイントを含む)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 前月比 決済回数 前月比 
豪ドルNZドル 6,412 約0.8倍 32 約0.8倍
ユーロポンド 35,419 約1.5倍 60 約1.3倍
合計  41,831 92

前月比として、取引量が増えた影響かユーロポンドで利益と決済回数共に増加しました。

豪ドルNZドルの方は、取引量の割には単月1万円すら利益が出ておらず悩ましいところです。

年間の成績

2022年1〜7月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 24,544
2月 29,261
3月 55,026
4月 31,709
5月 25,506
6月 31,870
7月  41,831
合計 239,747

上記合計金額と投資資金290万円から利益率を算出すると、8.27%でした。

投資資金の増加に伴い利益率が悪くなる懸念はありましたが、前月から1%以上の利益率増加はキープできました。

各月利益でも4万円の場合、3月以来の高水準な結果であり取引追加の効果を実感することできました。

今後について

今後の話の前に前月時点の方針を振り返っていきたいと思います。

今後に関して、投資資金の割り振り優先が高くないうちは現状維持の方針です。

またトラリピのキャンペーン開始などによりベネフィットが増えそうな際には、多少投資資金を入れて取り組ればいいかなという緩い気持ちでいます。

まさに書いていたキャンペーンが始まりそれをきっかけに取引改善を行いました。

今後に関しては、現状は円安で利益出す方が優先ですが、状況の変化次第では対円通貨ペア以外の割合を増やしていくのも1案だと考えています。

ただ投資資金の配分先として選択肢は様々あるため、まずは少しだけ割合を変化させることしかできないだろうと考えています。

私も2019年7月から運用開始!トラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらアイネット証券[アイネットFX]

新興のFX自動売買のみんなのシストレを試すならこちらからトレイダーズ証券[みんなのFX]