【FX】2022年5月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

また激しい為替の動きがあった2022年5月も終わり、ループイフダンの収益結果を振り返っていこうと思います。

ループイフダンでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、投資資金として1,100万円(2022年5月末時点)を証券会社の口座に預け入れています。

運用条件について

最新の運用条件(2022年5月末時点)は以下の通りです。

通貨ペア 売買+設定値幅 取引数量[通貨]
米ドル円 B25(25銭単位買い) 13,000
豪ドル円 B40(40銭単位買い) 3,000
豪ドルNZドル B40(40銭単位買い) 2,000
カナダドル円 B40(40銭単位買い) 1,000

豪ドル円2,000通貨減らし、反対にカナダドル円B40を1,000通貨追加しました。

月間の成績

単月の成績(スワップポイントを含んだ利益)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 前月比 決済回数 前月比 
米ドル円 310,848 約0.9倍 1,230 約0.8倍
豪ドル円 102,397 約1.4倍 254 約1.4倍
豪ドルNZドル 4,911 約0.7倍 17 約0.8倍
カナダドル円 10,651 27
合計 428,802 1,528

前月比で、米ドル円は落ちるのは当然なのですがそれでもまた利益30万円、決済回数1,000回超えという結果でした。

豪ドル円では伸長があり、もしかすると一度も経験したことがない単月利益10万円超えを達成していました。

年間の成績

2022年1〜5月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 121,623
2月 139,549
3月 362,373
4月 441,778
5月 428,802
合計 1,494,125

上記合計金額と投資資金1,100万円から利益率を算出すると、13.58%でした。

前月から4%近い利益率の伸びがあり、2021年の年間利益率13.09%を超えてしまいました。

今後について

前月時点の方針がどうだったのかを振り返った上で、今後の話を書いていこうと思います。

今後に関しては、前月以上に円安圏にいる状況であり反動リスクに警戒したく、利上げによる市場反応を静観するしかない考えでいます。

急激な円安が起きたため調整で少し戻るだけで含み損が膨らみやすく、リスク軽減のために豪ドル円の取引量を調整しました。

実行レバレッジが気づいた時には、3倍になった時期もありボラティリティが激しい状況が落ち着くことを願うばかりでした。

今後に関しては、約150万円も利益は出せているため再投資に回すか悩ましいですが、取引を大きく変えない方針です。

変える部分としては元々取引停止を目論んでいた豪ドル円の取引量を減らし、別の通貨ペアに乗せ替えるぐらいで考えています。

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらからアイネット証券[アイネットFX]

私も2019年から運用開始!FX自動売買のトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア
新興のFX自動売買のみんなのシストレを試すならこちらからトレイダーズ証券[みんなのFX]