【FX】2020年5月末FX裁量取引(スワップ運用含む)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

私事なのですが引越し等があり…6月中に5月分の取引の成績、振り返り等まで手が回っておりませんでした。取り急ぎ裁量取引について公開していきたいと思います。

FX裁量取引での投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、FX裁量取引には147万円(2020年5月末時点)を投資資金として証券会社の口座にお金を預けている状況です。

また私の場合、FX裁量取引ではプロセスを最重視しており収益目標の達成は二の次で取引を行っています。

FX裁量取引の内訳

スワップポイント狙い等で対象月中に決済(利益確定)が発生していないものも含めた内訳とします。

通貨ペア 口座名(会社名)
豪ドル円 FXネオ(GMOクリック証券)
トルコリラ円*塩漬け パートナーズFX(マネーパートナーズ)
メキシコペソ円 LIONFX(ヒロセ通商)

月間の成績

5月単月の成績は以下の通りでした。

通貨ペア 決済損益[円] スワップ[円] 合計[円]
豪ドル円 33,760 -538 33,222
メキシコペソ円 8,740 5,316 14,056
総計 47,278

豪ドル円、メキシコペソ円ともに損益がプラスという結果でした。

特にメキシコペソ円は円高方向で進んでいる間に買いを続けており、6月に円安に動いたタイミングで保有していたものを徐々に利益確定しました。

ただ、メキシコペソ円で利益確保したかった金額にはまだほど遠い状況です。

年間の成績

2020年1〜5月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 21,013
2月 44,954
3月 13,399
4月  -952
5月 47,278
合計 126,644

上記合計金額と投資資金147万円から利益率を算出すると、8.62%となります。

利益率以上に目についたのが、他月と比較してから6月が最高益だということでした。(ちょっと嬉しい)

ただこれを毎月安定的に出せるか?(毎月の再現性)と言われると私は不可と考えております。

なぜかと言えば、FX裁量取引ではチャンス有りと判断できたときにだけ取引をすれば良く毎月そんなチャンスがあると思っていないためです。

今後について

2020年4月時点では以下のような方向性を示していました。

メキシコペソ円:スワップポイント狙いの長期ホールド

豪ドル円:数千円の決済利益狙いのスイングトレード(主に売り)

FX裁量取引では基本的に限られた投資資金の中で大きな取引は行わず、じっくり細々と取引を継続する方針でいます。

5月は上記の方針に従い取引でできたと言える月でした。

一方で、豪ドル円の取引では画面に張り付く時間が長かった記憶があり、指値で自動的に新規・決済を行うことに課題が残った月でした。

FX裁量取引がしやすい!GMOクリック証券の口座開設はこちらからツール訴求

メキシコペソ円の取引口座で一押し!ヒロセ通商の口座開設はこちらからFX取引ならヒロセ通商へ

FX取引のオリコン顧客満足総合1位!マネパの口座開設はこちらから
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

クラブオフのメリットがでかい!セントラル短資FXの口座開設はこちらからセントラル短資FX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です