2019年9月末までの金融資産の一覧と資産額のまとめ

こんにちは、つまおです。

7月、8月に続いて、2019年9月末までの私のポートフォリオと運用成績について紹介して行こうと思います。

また金融資産一覧で「FXスワップ取引」を無くし、「FX裁量取引」と一緒にする変更を今回しました。

変更理由としては、スワップポイント狙いの取引は、裁量取引で行っており分ける意味がないと思い一緒に次第です。

前月の状況

前月末時点の金融資産や利益確定金額と比較していくため、先月の数値について詳細を確認したい場合は以下記事を参照ください。

金融資産の種類と金額ベースの割合

以下の円グラフが最新情報になります。

金額は、各証券会社に預けている金額ベースにしています。

8月と比べて9月に大きく動いた点は以下です。

1.FX裁量取引(メキシコペソ円)の投資資金減少

過去記事にある通り、メキシコペソ円にて下落シグナルが発生したと判断し、ヒロセ通商の口座での保有分を全て清算しました。

3分の2は、出金を行い現金化しておく方針です。

清算によってできた投資資金は、現金化して次の投資機会まで”待ち”の状態にしている状態です。

2.株式指数CFDの投資資金増加

8月の記事で2019年9月以降の流れとして、注視していた株価指数CFDの投資資金を増やし力を入れました。

投資資金の増加を具体的に見ていくと、8月の230万円→324万円に増加しました。

増加によって日経225、S&P500、FTSE100へバランスよく売買可能な体制を整えることができました。

各種類の利益確定状況について

投資信託を除く、2019年9月末までの各種類の利益確定状況は以下の通りです。

前回ポートフォリオと比べて更新箇所は赤字、1万円未満は切り捨てにしています。

種類 金融資産額[万円] 利益確定金額[万円]
FXトラリピ 30 1
FXループイフダン 740 74
FX裁量取引(スワップ運用含む) 183 38
株価指数CFD 324 28

FXトラリピは、利益が1 万円を超えてきました。

FXループイフダンは、8月から10万円の増加となりました。

ほったらかし状態ですが、なんだかんだ一番増加金額が大きくなっています。

FX裁量取引(スワップ運用も含む)は、8月(FX高スワップ取引+FX裁量取引の合算した利益確定金額30万円)から8万円の増加となりました。

株価指数CFDは、投資資金も増やしてるだけあって8月から4万円の増加となりました。

2019年10月以降の流れ

8月の注視対象と同じく「メキシコペソ円」「株価指数CFD」中心に相場の流れを掴みながら取引を行っていく方針です。

加えて、投資機会が発生すればメキシコペソ円の清算によってできた現金がありますので、投資資金を追加していく流れです。

1.メキシコペソ円

メキシコペソ円は、10月の第1週目でも5.3円台に入ってくる瞬間が発生しておりました。

その際、買い指値を入れておいたものが何件かヒットした状態となっています。(2019年10月4日終了時点)

引き続き、安値圏での買い指値を継続して行いながら、少し相場上昇があれば決済していく動きをしていく方針です。

ただ相当な急落などでもない限りは、9月の清算前と同じ保有量にまで戻さないつもりでいます。

2.株価指数CFD

株価もメキシコペソ円同様に、10月の第1週目でかなり相場が下がりました。

今後調整の動きもあると思いますが、再度下げ相場が来ることを期待しながらコツコツ利益を積み重ねていく方針です。

特に日経225に関しては、2019年10月4日終了時点でも21,500円台となっており、今後より大きく下げる動きに期待をしている状況です。

日経225を株価指数CFDで取引方法は、過去記事にしておりますのでよかったら参考にしてみてください。

 

初心者におすすめループイフダンの口座開設はこちらからシストレi-NET

自動売買を細かく設定したい方向けのトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

メキシコペソ円で一番おすすめ!ヒロセ通商の口座開設はこちらからFX取引ならヒロセ通商へ

メキシコペソ円のサブ口座におすすめ!マネーパートナーズの口座開設はこちらから
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

5万円以下で株価指数CFDを始める!GMOクリック証券のCFD口座開設はこちらから日本225訴求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です