2022年12月株価指数CFDの運用成績について

こんにちは、つまおです。

ここ1,2年利益貢献できていなかったCFDの年間損益がプラスで確定しましたので、振り返っていこうと思います。

株価指数CFDでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、投資資金として450万円(2022年12月末時点)をGMOクリック証券のCFD口座に預け入れています。

取引方法について

完全な自動取引ができないため、値幅の間隔(相場状況により可変)を一定にしたIFD注文(新規と決済同時注文)を手動で入れる取引を基本としています。

そのため、注文の有効期限が切れていた場合や相場の急変動時により注文が発生せず、取りこぼすケースも発生しています。

月間の成績

各株価指数(米国VIは除く)の利益(受渡日ベースかつ価格調整額含む)は以下の通りでした。

銘柄 売買[新規] 利益[円] 決済回数
日経225 50,590 24
12,880 13
FTSE100
合計 63,470 37

前月比で、日経225の利益はほぼ同じ金額でした。

約1.2万円の損切りをしており本来であれば単月7万円の利益は出てきたようでした。

年間の成績

2022年1〜12月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 34,070
2月 100,260
3月 213,703
4月 152,400
5月 143,160
6月 130,658
7月 100,953
8月 78,058
9月 134,153
10月 140,536
11月 64,231
12月 63,470
合計 1,355,652

上記合計金額と投資資金450万円から利益率を算出すると、30.13%でした。

年間を通して利益を積み上げてきており、最終的には年間利益率30%超えとなる成績でした。

1年前の2021年では-214万円の損益を出していたため直近2年の損益通算はマイナスですが、大きくプラスに転じる結果となりました。

今後の運用について

前月時点の方針がどうだったのかを振り返った上で、今後の話を書いていこうと思います。

今後に関して、FTSE100は買い取引の価格調整金がマイナス可能性があるため取引停止しておき、日経225は抵抗レンジなど考えながら基本的には買い取引を継続する予定でいます。

記載の通りFTSE100の取引は発生させずに、日経225のみに取引を絞りました。

年間利益を十分確保できていたこともあり、1年以上マイナスの価格調整金が溜まっていた日経225の売り建玉の損切りも行いました。

今後に関して、投資資金を600万円に調整した上で日経225が25,000円台で抵抗してくれるうちは買い取引を継続いく考えでいます。

株価指数なら!GMOクリック証券のCFD口座開設はこちらから