【CFD】2020年9月株価指数CFDの運用成績について

こんにちは、つまおです。

9月も日経225が高値圏にあったため、私の売買方針では成績自体芳しく無いのは分かりきっていますが、9月の成績を振り返っていこうと思います。

株価指数CFDでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、株価指数CFDには620万円(2020年9月末時点)を投資資金として証券会社の口座にお金を預けている状況です。

前月から投資資金10万円の追加を行っています。

なお現状、株価指数CFDはGMOクリック証券のCFD口座のみで取引を行っております。

取引方法について

株価指数CFDでもFX自動売買と同様に値幅の間隔を一定にし、IFD注文取引(新規と決済同時注文)を行う方法で2019年から取引を行っております。

投資資金が必要な方法なため、株価指数CFDの中でも「日経225」をメインに売買を続けている状況です。

月間の成績

各株価指数の利益(受渡日ベースかつ価格調整額含む)は以下の通りでした。

銘柄 利益[円] 決済回数
日経225 5,600 3
FTSE100 2,438 4
合計 8,038 7

前月と比較すると、日経225では1.4→0.5万円に、FTSE100では0.5→0.2万円に減少しています。

9月も日経225が高値圏が続き、ロスカットレートを24,200円程度に設定していたため、売り取引自体を行う余力がありませんでした。

本来の取引方法を守るのであれば、売り取引を継続すべきなのですが私の想定レンジを超えた相場状況になっています。

年間の成績

2020年1〜9月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 51,863
2月 123,509
3月 402,751
4月 146,388
5月 68,828
6月  88,026
7月 55,347
8月 20,225
9月 8,038 
合計 964,975

上記合計金額と投資資金620万円から利益率を算出すると、15.82%となります。

8,9月と利益ペースがかなり落ちており、利益合計の足を引っ張っている状況です。

3月に大きな利益を出したこともあり、年間利益100万円は簡単に超えると思っていました。

しかし、今や日経225の相場次第では損切りを行い上記の利益状況からさらに減少する可能性も否定できないといった思いがあります。

今後の運用について

今後の話の前に前月時点の方針を振り返っていきたいと思います。

今後の関して、資金管理を最優先し常時取引は控える方針です。

主だった理由として、日経225の高値圏の持続期間が長く終わりが見えない点と9月に関して言えば日経225の価格調整金(売建玉に対するマイナス分)が発生するためです。

結果として、前月時点の方針の通り取引を控えた月になりました。

ちなみに日経225、FTSE100ともに9月価格調整金の発生がありましたが、建玉は特に変更せずに受け入れました。

今後に関しては、引き続きロスカットを起こさないように資金管理を最優先し取引は手控えとなる見通しです。

利益ペースが落ちて悩ましい時期が続いていますが、世界の相場で調整が来ることを引き続き期待し待ち続けるつもりです。

数万円から株価指数に投資可能!GMOクリック証券のCFD口座開設はこちらから


日経225のCFD取引可能!DMMCFDの口座開設はこちらから
DMMFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です