【FX】2020年3月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

私のポートフォリオの中でも今年一番絶好調のループイフダンの2020年3月の成績や運用条件を公開していきたいと思います。

ループイフダンでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、ループイフダンには810万円(2020年3月末時点)を投資資金として証券会社の口座にお金を預けている状況です。

運用条件について

2020年3月末時点では、3月23日に米ドル円1,000通貨を停止し以下運用条件になっています。

通貨ペア 取引数量[通貨] 売買+設定値幅
米ドル円 9,000→8,000 B25(25銭単位買い)
豪ドル円 5,000 B40(40銭単位買い)

タイミングとしては急激な円高から円安に戻って来た時でした。

安全資産としての米ドル買いが進み、円安が発生しているとニュースもありますがいずれ円高に振れることを見越して少しだけ余裕を持たせました。

月間の成績

3月単月の成績(スワップポイントを含んだ利益)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 決済回数
米ドル円 610,873 2,376
豪ドル円 137,275 342
合計 748,148 2,718

前月の決済回数と比べると、米ドル円が約8倍、豪ドル円が約5倍に増加しました。

ただ利益で見た場合は前月比で、米ドル円が約3倍、豪ドル円が約5倍の増加でした。

決済回数に割に利益が伸びなかったことから、米ドル円ではスワップポイントがつく前に決済が集中して起きたことが推察できます。

また前月に続き、私が2016年12月からループイフダンを始めて以来の単月最高益を更新する結果になりました。

年間の成績

2020年1〜3月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 84,220
2月 211,665
3月 748,148
合計 1,044,033

ループイフダンの2019年間成績約82万円を既に超えた利益を出しています。

また上記合計金額と投資資金810万円から利益率を算出すると、12.89%となり利益率でも2019年の11.16%を超えました。

そして何よりも1月と3月で比べると、利益が約9倍になったという変化の大きさにも驚いています。

特にここ数年は為替の変動が小さくループイフダンでの収益率が縮小気味だったのでいい意味で期待を裏切る結果となっています。

今後について

2020年2月時点では以下のような方向性を示していました。

FXループイフダンの口座に投資資金を追加して起き、円高の底値が見えてきたタイミング(ここが非常に難しい)で売買システムの追加をできればとは考えています。

まだまだ底打ち感が出ていないため、直近では何か動くことは無いスタンスです。

ただ、頭にあるのが3月に減らした米ドル円の売買システム分を円高が進んだタイミングで戻すことが1つあります。

もう1つ頭にあるのが、豪ドル円を調整することです。

調整する理由としては、含み損が米ドル円の何倍もあり証拠金維持率を悪くしているためです。

なんにせよ為替が、今後円高傾向に動いてからしか手段を講じる予定は無いといった状況です。

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらからアイネット証券[アイネットFX]

私も2019年から運用開始!FX自動売買のトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です