2020年1月末までの金融資産の一覧と資産額のまとめ

こんにちは、つまおです。

2020年も早いもので1ヶ月が経過し、ポートフォリオの最新状況や1月の成績が集計できましたので書いていきたいと思います。

前月の状況

前月末時点の金融資産や利益確定金額と比較していくため、先月の数値について詳細を確認したい場合は以下記事を参照ください。

金融資産の種類と金額ベースの割合

金融資産の最新情報は以下の円グラフの通りです。

金額は、基本的に各証券会社に預けている金額(簿価)を金融資産ごとに合算した数値になります。

2020年も変らず「FXループイフダン」「株価指数CFD」が2トップで運用を続けています。

前月と比較すると、1月には金融資産の変化がありました。

主な変化について補足説明をしたいと思います。

1.FXループイフダン&FXトラリピの金額増加

前月に比べFXループイフダンにて740万円→810万円、FXトラリピにて30万円→32万円にそれぞれ増加しています。

増加の背景は、それぞれの2019年の利益確定金額を金融資産の金額に反映させたためです。

FXループイフダンとFXトラリピに関しては、利益確定金額が発生しても金融資産一覧の金額には含めておらず、かといって証券口座から出金もしていませんでした。

2020年になったタイミングで利益確定金額をリセットかつ端数金額の整理(出金)を行い、2020年の金融資産の金額にしています。

2.株価指数CFDの金額減少

前月末時点の473万円→393万円に80万円分減少しています。

減少の背景は、S&P500の取引を控えたため余剰金が発生し、その分をGMOクリック証券のCFD口座から回収したためです。

今後も取引状況によって金額の増減が発生する予定です。

3.投資信託の金額減少

微々たるところですが、全月末時点の76万円→75万円に1万円分減少しています。

減少の背景としては、1つが2019年最後に売却注文を出していた投資信託の受渡金額の受取が2020年1月に発生したためです。

2つ目が楽天証券に移管した関係で、つみたてNISAの買付が2020年1月に発生していないため、金額が増えなかったためです。

ちなみに減少した背景1つ目の売却したファンドは、「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」というアクティブファンドでした。

各種類の利益確定状況について

2020年始〜1月末までの各種類の利益確定状況(投資信託は除く、1万円未満は切捨て)は以下の通りです。

種類 金融資産額[万円] 利益確定金額[万円]
FXトラリピ 32 0
FXループイフダン 810 8
FX裁量取引(スワップ運用含む) 112 2
株価指数CFD 393 3

利益確定金額に関して、上記表を上から順番に見ていくと

FXトラリピは、利益確定金額が1万円に満たないため0円でした。

FXループイフダンは、早速2020年も利益を積み重ね得ており+8万円でした。

FX裁量取引(スワップ運用含む)は、2020年1月の最終週に豪ドル円の売りがヒットし+2万円でした。

株価指数CFDは、ほぼ日経225の売買しか動かしていないにも関わらず+3万円でした。

振り返ってみて

2020年1月の相場については、ここ数ヶ月は比較的穏やかに推移していたところに、新型コロナウイルスのニュースや英国のEU離脱開始など大きな話題のためか?為替も株式も動いた印象があります。

そのため個人的なスタンスとしては様子見に近い取引をしていましたが、予想以上に利益を出すことができたというのが率直な感想です。

ただ、日本の株式相場はいまだに割高感が否めず、以下の記事に書いた株式について開始することができない状況です。(せいぜい銘柄のウォッチリストを作ったぐらい…)

また、今後について、未来のいつ頃かは分かりませんが値ごろ感が出てきたと判断がつき次第、投資可能なように現金は多めに持つゆとりある投資スタンスを続ける予定です。

FX自動売買を始めたい人におすすめ!ループイフダンの口座開設はこちらからシストレi-NET

FX自動売買の設定を作成したい人におすすめ!トラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

メキシコペソ円取引におすすめ!ヒロセ通商の口座開設はこちらからFX取引ならヒロセ通商へ

メキシコペソ円取引+αにおすすめ!マネーパートナーズの口座開設はこちらから
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

株価指数CFDが取引可能!GMOクリック証券のCFD口座開設はこちらから日本225訴求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です