【FX】2022年3月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

2022年3月相場に対するループイフダンでの収益結果を振り返っていこうと思います。

ループイフダンでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、投資資金として1,100万円(2022年3月末時点)を証券会社の口座に預け入れています。

運用条件について

最新の運用条件(2022年3月末時点)は以下の通りです。

通貨ペア 売買+設定値幅 取引数量[通貨]
米ドル円 B25(25銭単位買い) 13,000
豪ドル円 B40(40銭単位買い) 5,000
豪ドルNZドル B40(40銭単位買い) 2,000

月間の成績

単月の成績(スワップポイントを含んだ利益)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 前月比 決済回数 前月比 
米ドル円 269,139 約3.2倍 1,166 約3.5倍
豪ドル円 88,007 約1.7倍 235 約1.8倍
豪ドルNZドル 5,227 約1.9倍 17 約1.7倍
合計 362,373 1,418

前月比で、特筆すべきは米ドル円で利益・決済回数共に3倍以上を記録しています。

豪ドル円も単月10万円近い利益を出しており、かなり良好な結果でしたが米ドル円の結果が圧倒的な月でした。

年間の成績

2022年1〜3月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 121,623
2月 139,549
3月 362,373
合計 623,545

上記合計金額と投資資金1,100万円から利益率を算出すると、5.67%でした。

前月からの利益率上昇が3%以上あり、2022年の前半3ヶ月で利益ペースの貯金ができている状況です。

今後について

前月時点の方針がどうだったのかを振り返った上で、今後の話を書いていこうと思います。

今後に関しては、実効レバレッジ1倍前後での推移が続いてしまっていることを踏まえ、投資効率を上げるために取引量の追加を試してみようと考えています。

結果として取引量の追加をしませんでした。

米ドル円が116円を超えて右肩上がりで125円にいってしまい、円高反動を吸収できず退場リスクがあったため回避しました。

今後に関しては、実効レバレッジが過度に高まらないかを見ながら既存の運用条件の維持や減少を判断していく考えでいます。

少なくとも取引量を増やしアクティブにはいけない状況に変わってしまったところです。

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらからアイネット証券[アイネットFX]

私も2019年から運用開始!FX自動売買のトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア
新興のFX自動売買のみんなのシストレを試すならこちらからトレイダーズ証券[みんなのFX]