【FX】2021年12月末自動売買(トラリピ)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

2021年12月相場でのトラリピで運用した通貨ペアの収益結果を振り返っていこうと思います。

トラリピでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、投資資金として200万円(2021年12月末時点)を証券会社の口座に預け入れています。

運用条件について

最新の運用条件(2021年12月末時点)は以下の通りです。

通貨ペア 売買 値幅 取引数量[通貨]
カナダドル円 60銭 1,000
50銭
豪ドルNZドル 2.0NZドル 2,000
2.9NZドル 1,000
2.0NZドル
2.5NZドル
ユーロンド   売 3.0ポンド   2,000

12月1日に豪ドルNZドル売り取引を1,000通貨追加しました。

月間の成績

単月の成績(利益は約定日ベースかつスワップポイントを含む)は以下の通りでした。約定日が1月1日の決済損益も12月分に含めてました。

通貨ペア 利益[円] 決済回数
カナダドル円 12,232 23
豪ドルNZドル 6,803 45
ユーロポンド 9,034 19
合計 28,069  87

前月と比較すると、決済回数では豪ドルNZドル・ユーロポンド共に減少しましたがカナダドル円が約2倍に増加しました。

利益の合計ベースで見ても、前月を超える結果となりました。

年間の成績

2021年1〜12月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 5,626
2月 11,107
3月 55,191
4月 23,617
5月 14,613
6月 8,439
7月 18,726 
8月  12,507
9月 19,540 
10月 27,536 
11月  26,470
12月 28,069 
合計 251,441

上記合計金額と投資資金200万円から利益率を算出すると、12.57%でした。

2020年の年間利益率7.10%と比べて結果も改善し、2021年はトラリピで色々試しながらも一定のやり方を体得できた年だったのかなと感じています。

特に対円以外の通貨ペアを始めかつ一定の利益を出せたことで、通貨ペアの選択肢の幅が広がったことが個人的に一番得たことが大きい部分かなと思っています。

今後について

今後の話の前に前月時点の方針を振り返っていきたいと思います。

今後に関しても、12月1日に早速ですが豪ドルNZドルの取引を開始しています。

12月は上記の変更を行なったのみでした。

今後に関しては、投資資金を調整した上で、レンジ範囲外となったユーロポンドの取引を停止し、豪ドルNZドルに取引を振替していくつもりです。

次の段階として、トラリピ注文の値幅のバリエーションをもう少し整えて運用したいなと考えています。

私も2019年7月から運用開始!トラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらアイネット証券[アイネットFX]

新興のFX自動売買のみんなのシストレを試すならこちらからトレイダーズ証券[みんなのFX]