【FX】2020年5月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

為替相場での変動がそこまでなかった印象のある5月でのループイフダンの投資状況、成績、今後の動きなどを書いていきたいと思います。

ループイフダンでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、ループイフダンには810万円(2020年5月末時点)を投資資金として証券会社の口座にお金を預けている状況です。

運用条件について

前月末から変更無く運用条件(2020年5月末時点)は以下の通りでした。

通貨ペア 取引数量[通貨] 売買+設定値幅
米ドル円 8,000 B25(25銭単位買い)
豪ドル円 5,000 B40(40銭単位買い)

月間の成績

5月単月の成績(スワップポイントを含んだ利益)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 決済回数
米ドル円 46,130 182
豪ドル円 49,950 121
合計 96,080 303

前月と比較すると、結論から言えば米ドル円、豪ドル円共に利益が2分の1まで行かないまでも下がりました。

結果、合計利益でも前月に比べて4万円弱の落ち込みとなりました。

私が感じていた印象通り5月は、米ドル円の動きが鈍い一方で豪ドル円では円安傾向があり、若干豪ドル円の方が利益で上回る結果でした。

年間の成績

2020年1〜5月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 84,220
2月 211,665
3月 748,148
4月 134,739
5月 96,080 
合計 1,274,852

上記合計金額と投資資金810万円から利益率を算出すると、15.74%となります。

損切りする事無く毎月利益率を1%ずつ増やすことが継続できれば、年間利益率20%も達成できそうな状況となっています。

今後について

今後の話の前に前月時点の方針を振り返っていきたいと思います。

基本的にはループイフダンは変わらず今の運用条件を維持していくスタンスでいます。

一方で、2020年の利益分だけで100万円以上あるため、例えば米ドル円で取引数量を追加し利益追求したい気持ちもあります。

まだ取引数量の追加を行なっていない状況です。

今後についても、ループイフダンでは今の運用状況を維持していくのが基本方針です。

5月は円安気味になったおかげでループイフダンでの含み損が減りましたが、今後の円高リスクを考えるとリスクコントロールするために現状維持が一番の選択だろうと考えています

次の選択肢として、ユーロ円の売り取引を少額で試してみるのも有りかなと考えています。

ユーロ円の売り取引であれば、現在はスワップポイントがプラスとなるため、円高想定での投資になるのかなとは考えていたりします。

いずれにしよ為替相場の動きを見た上で、動く動かないを判断していく方針です。

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらからアイネット証券[アイネットFX]

私も2019年から運用開始!FX自動売買のトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です