【FX】2019年1〜6月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

2019年はこれまでのところ、為替の変動率が芳しくなく自動売買では予想以上に稼げていないのですが、メインで資金運用をしているアイネット証券のループイフダンの2019年1〜6月末の成績を公開しておきます。

ループイフダンをはじめとする”FX自動売買の収益目安”に役立てばと思っています。

2019年の運用条件

まずはじめに、資金額や稼働している設定の数は、1〜6月末までずっと同じではなく、現時点の設定情報になります。

2019年は、たしか300万円程度から徐々に資金を700万円まで増やす(実際は740万円が元本)方針で動き、資金追加するたびに1,000通貨の新しい設定を追加していきました。

また、2年前に米ドル円の損切りあり設定で稼働し続けていた設定を停止し、保有ポジションを損切りを行ったりもしています。(この設定があったせいで1月3日の暴落時に勝手に損切り発生しました)

結果的に現時点(最後に設定追加したのは5月10日)の運用設定は以下です。取引数量に関しては、合計値を表記しています。

通貨ペア 取引数量[通貨] 売買+設定値幅
米ドル円 8,000 *B25(25銭単位買い)
豪ドル円 8,000 B40(40銭単位買い)

*4月末頃までB15も2.000通貨稼働していました。

2019年1〜6月末までの成績

前述の運用条件で1〜6月末までの利益は、492,222円(スワップポイント分込み)でした。損切りが無ければ50万円は達成できたなあという結果でした。

また月別の利益(スワップポイント分込み)を見ていくと以下のような結果でした。

期間 利益[円] 決済回数
1月 155,123 633
2月 71,398 300
3月 73,263 213
4月 68,540 167
5月 60,080 197
6月 63,818 211
合計 492,222

注目すべきは1月の利益だけ10万円を越えている点です。

1月は暴落が発生したおかげで相場が動き一番利益を出せたことが推測でき、その他の月は似たりよったりという結果でした。

ループイフダンの口座開設はこちらからシストレi-NET

今後について

アメリカの利下げ予測があり、利下げによって円高に動くのが既定路線のため、1月のような収益を上げるのは正直厳しいなというのが本音です。

ただし、未来を完全に見通せるわけではないので実際どうなるのか分かりません。

基本的にはポジション数量にまだ余裕があるので現状維持で運用を行い、複利効果を狙って稼いだ分で取引数量を増やしていくのか、あるいは利益分は為替ではなく株価指数CFDに回すことなどを検討していきたいと考えています。

少額で株価指数CFDが可能!GMOクリック証券のCFD口座開設はこちらから外国株訴求B

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です