【FX】2020年11月自動売買(ループイフダン)の運用成績について

こんにちは、つまおです。

11月は円高に少し歯止めが掛かった感覚があるのですが、実際取引の数字でどうであったかの振り返っていきたいと思います。

ループイフダンでの投資状況

以下記事の金融資産一覧にある通り、ループイフダンには810万円(2020年11月末時点)を投資資金として証券会社の口座にお金を預けている状況です。

運用条件について

前月末から変更無く運用条件(2020年11月末時点)は以下の通りのままでした。

通貨ペア 取引数量[通貨] 売買+設定値幅
米ドル円 8,000 B25(25銭単位買い)
豪ドル円 5,000 B40(40銭単位買い)
豪ドル円 1,000 B80(80銭単位買い)

月間の成績

11月単月の成績(スワップポイントを含んだ利益)は以下の通りでした。

通貨ペア 利益[円] 決済回数
米ドル円 57,113 226
豪ドル円 45,197 107
合計 102,310 333

前月と比較すると、米ドル円と豪ドル円共に決済回数が2倍以上に上昇しました。

結果、利益金額も2倍以上になり単月10万円の利益を超えることができました。

年間の成績

2020年1〜11月末時点までの成績は以下の通りでした。

期間 利益[円]
1月 84,220
2月 211,665
3月 748,148
4月 134,739
5月 96,080
6月 155,536
7月 68,063
8月 110,242
9月 55,334 
10月 43,346 
11月 102,310 
合計 1,809,683

上記合計金額と投資資金810万円から利益率を算出すると、22.34%となります。

2020年も残すところ1ヶ月となり、利益に関しては190万円未満での着地かなという感覚を持っています。

今後について

今後の話の前に前月時点の方針を振り返っていきたいと思います。

今後に関して、ループイフダンの稼働範囲内で米ドル円、豪ドル円が動く分には現状運用を維持する方針です。

しょっちゅう取引を変えることもないので、11月も上記の通りでした。

また2020年12月も現状運用を変える理由が無いためこのまま維持する方針です。

さらにその先の2021年に関しても現状の運用条件を継続するのがまず基本だと考えています。

その上で、投資資金も2020年計画当時とは変化しているため、ループイフダンにどの程度投資資金を割り当て、無理の無い範囲で収益を求めて行くのかは考えていきたいと思っています。

私も2016年から運用中!ループイフダンの口座開設はこちらからアイネット証券[アイネットFX]

私も2019年から運用開始!FX自動売買のトラリピの口座開設はこちらからマネースクエア
新興のFX自動売買のみんなのシストレを試すならこちらからトレイダーズ証券[みんなのFX]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です